第4回 青少年エッセーコンクール入賞作品が決定いたしました

テーマ : 「書く」

応募数 : 中学生の部 355作品 高校生の部 122作品 合計 477作品


<中学生の部>

【最優秀賞】

「おもしろい」のひとことから

遠藤 港音 (筑波大学附属中学校1年)


【優秀賞】

「書く」

菊池 萌珠実 (旭川市立中央中学校2年)


「書く」ことの魅力

古川 華子 (北海道教育大学附属旭川中学校3年)


【佳作】

手紙

漆畑 ほのか (旭川市立忠和中学校2年)


変わらない思い

西尾 帆夏 (小樽市立望洋台中学校2年)


【井上靖ナナカマドの会賞】

「書く」

大川 真子 (北海道教育大学附属旭川中学校3年)


 

<高校生の部>

【最優秀賞】

てのひらの記憶

奥村 玲菜 (北海道旭川工業高等学校1年)


【優秀賞】

伝票から見えてくること

加藤 歩夢 (北海道旭川工業高等学校1年)


思いを言葉へ

名取 大樹 (北海道東川高等学校1年)


【佳作】

魔法のはがき

伊藤 凪沙 (北海道旭川工業高等学校2年)


書くこと、それから。

成澤 秋歩 (北海道おといねっぷ美術工芸高等学校3年)


【井上靖ナナカマドの会賞】

書くということ

松下 大吾 (北海道旭川工業高等学校2年)

 

■優秀作品展

本コンクールに入賞した全作品を展示公開しました。

期間:平成27年12月19日(土)~ 平成28年2月21日(日)


■表彰式・記念講演会

平成27年12月20日(日)

 

平成27年11月17日(火)の北海道新聞紙上で発表

審査員長 吉増 剛造(詩人)

審査員   平原 一良(公益財団法人 北海道文学館副理事長)、鳥居 和比徒(北海道新聞社文化部長)