井上靖 人と文学Ⅻ ― 『わが母の記』を巡って

会 期 : 令和4年2月5日(土) ~ 令和4年5月22日(日)



 昭和50年に出版された『わが母の記』は、昭和39年『群像』に掲載された「花の下にて」、同44年の「月の光」、同49年の「雪の面」、この三作を一冊にまとめたものです。


 題名のとおり、井上靖の母やゑの晩年を描いた小説ですが、ここに描かれた十年を年譜や書籍、写真を使い、井上靖の「円熟期」として紹介するとともに、母についての井上靖の思いを探ります。


 また、平成24年に公開された映画『わが母の記』についても触れています。